« 実習 在宅サービス提供現場見学レポート | トップページ | 介護保険で適用されないサービス »

実習 訪問介護同行訪問レポート

訪問介護同行訪問(8時間)はヘルパーステーションにて行われた。

時間は8時30分から17時30分まで、休憩1時間、実習8時間でした。
---------------------------------------
実習レポート
今日の目標
実習の心得 Vol.1 参照

実習内容
午前・午後 各1.5時間利用者様宅で清掃補助
(居室・浴室・トイレ・玄関の掃除)
その他、詳細を省略

感想など(午前・午後レポート2枚分)
利用者様とのコミュニケーションがスムーズに行われていました。
担当者との信頼関係(ラポール)も十分なご様子で安心してお手伝いいただいている様でした。
援助作業を行いながらコミュニケーションを計り確認しながらの作業など勉強させていただきました。
利用者様への気配り等とても勉強になりました。
ありがとうございました。
---------------
利用者様とのコミュニケーションの中、体調などさりげなくお聞きして生活援助以外の気配りがなされていてとても勉強になりました。
お話の仕方などとても丁寧で利用者様も安心してサービスを受けられているご様子でした。
様々な気配りに介護職のあり方を勉強させていただきました。
ありがとうございました。

実習先より(午後の部)
・・・略、もう少し笑顔で出来ればもっと良かったと思います。    ㊞
---------------------------------------

以上、歯がゆい感想等です。
勘違いの無いようお断りしておきますが、例えばトイレ掃除が嫌だったとか、嫌気がさして顔に出たとか、そんな話では有りません。
詳細をこのブログの本文に書こうという気になれません。

しかし、さわりだけ・・・

2件目の訪問先はマンションの6階に住む利用者様宅でした。
高層マンションで戸数も相当数あります。
移動時、車の中での担当者との会話の中
「二人だと時間余るし何を頼もうかな・・」
具体的な案なく訪問先で利用者様に聞いている
「何か普段掃除出来ない所ありませんかぁ~」
私、心の中で
(日常的に行われる家事のサービスの範囲を超えるのでは・・)

利用者様のご発言「・・・****・・・」

とらえ方次第で、私の作業はいわばサービス(実習の立場上当然請求されない)
でもそんな事は利用者様にはおそらく関係ないでしょう。
実績作って後々困るのでは・・・

以下ご興味のある方はコメントください。
(個人情報は無いと思いますが、念のため情報の一部は守秘義務の関係上変えてあります)

一般的な感想:
トイレ掃除を素手でやるのに抵抗がある方は「手荒れするから」とか言い訳して手袋をするようにしてください。(実際有り得る、ご自身で用意すること)
精神衛生上もあるかと思いますが、一番恐れるのは感染症などで注意しなければなりません。

|

« 実習 在宅サービス提供現場見学レポート | トップページ | 介護保険で適用されないサービス »

ホームヘルパー」カテゴリの記事

介護」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

利用者がヘルパーというものを理解していないですよね・・・・単なる、家事代行・家政婦としか考えてないですよね。そういう私も多少なりそう過去そう考えていたところあるのね。
自習先のデイケアの利用者Aさんの娘さん(60歳)もホームヘルパーやっているそうです。
私に、Aさんの利用しているヘルパーさんが働かないと愚痴を聞かせてもらったんですねどね・・・・。娘さんもいっしょになって、ヘルパーはこんなもんではないと言っていると聞くと、どう理解したらいいものかと・・・・。
現場とのギャップってみなさんの経験されれるようですね。
そして一生懸命な人ほど介護職から遠ざかっていくとか・・・。

投稿: Bi | 2007年6月14日 (木) 21時10分

Bi さん コメントありがとうございます。
生活援助など、家事は介護予防の利用者様とご一緒に行うのが基本なのですが、現状は全く違いますね。
サ責が「ご理解いただける様になってきた」と言ってましたが受動的な発想が根強い様です。

利用者様が本当に必要とされているサービスなのか、単に保険料支払って何もしないと損する気がするから認定受けて「じゃ掃除でもしてもらおう」の様な方も少なからず存在するのではないでしょうか。

例えば、同居の家族が居れば掃除してもらえる時間を取る事は可能なはずですし、身内の方がお近くで週何回か来られる環境でも「掃除はヘルパーが来るから・・」とか、掃除だけを例に挙げましたが、結局保険料の無駄遣いとも取れますね。

実はこの事例?少し前までの私を非難したものです・・・。

投稿: 24番 | 2007年6月15日 (金) 06時24分

実習おつかれさまでしたぁーーー^^
貴重なお話ありがとうございます^^;;
何人の方々から私も実習の様子をきかせてもらって・・・一喜一憂してました。デーは一緒にゲーム
したり結構楽しめた方が多い感じ (ほっ~)
訪問は行ったお宅でもちろん違ってました。
来週からです・・・できるかなぁ><
まずは訪問からです・・・。
笑顔を忘れず、こちらも ありのままの姿と心で・・・行ってきます!!

投稿: newm | 2007年6月15日 (金) 14時54分

newmさん お久しぶりです。
他の方の体験談を是非聞いてみたいものです。

実習は、特に緊張する事は無いと思いますが、無理をしないで何をするにも確認しながらが寛容かと思います。

「謙虚に教えてもらう」が基本と思いますが、現状を把握(容認)することも有るでしょう。
不正請求に順ずる様な過剰なサービスを多々強いられれば(ーー;)(T_T)ともなり得ます。
7/19の発表会?で出すネタでは無さそうです。

笑顔の件が出ましたので少し補足させていただきましょう。
-----------
「・・・まだ時間があるから一緒に棚等を拭きましょう」
リビングのテレビやサイドボードなどを拭く。
「ついでにこちらの部屋もやりましょう」
利用者様に気遣うこと無く寝室(和室)に連れて行かれる。
(ここに入ったのでは嫌がられるのでは・・と思った)
すぐさま利用者様が入ってきてさりげなく牽制・・・
(やはりまずかった様だ・・・)
何気ない会話を担当者としているが明らかに変な事されないように見張っている感じ。
最初に過剰なサービス{主たる(ーー;)の要因}をした為か?幸い文句は言われなかったようだ。
(無言の圧力を五感で感じ私はその部屋からおもむろに出る・・・)
以降利用者様から私に話しかけられることは全く無かった。
(早く帰れと言う雰囲気・・・(ーー;))
おそらく担当者は利用者様の感情を把握しては無さそうだ。

最後には、担当者が利用者様の郵便物を預かりポストへの投函を安易に引き受けていた。
郵便事故もあるし、確実にポストに入れたにしてもそれで済む訳でもないと思うが・・・。
無論ヘルパーのする仕事であるはずが無いので論外だ。

終始担当者に不明な事をさせられたし、見たし、聞いたし・・・
(ーー;)(T_T)
と言う評価を受けるんだったらサ責にチクッテやるんだった。

さらなる裏話は続く・・・
-----------
特に不穏な雰囲気になった訳では有りませんし、苦情が来るとも思えません。
個人的な思い過ごしとも解釈できるかも知れません。
私自信、リスクはありましたが、想定内ですので問題ありません。

施設と違い1:1なのでその辺の注意が必要ょ!

40番さんが6/22同所の予定だけど、この実態を教えてあげたぃ~

newm さん 来週頑張ってください。
良い担当者で有りますように(拝)
お忙しいと思いますがお友達のブログ(十坪菜園Ⅱ)も4649。

投稿: 24番 | 2007年6月15日 (金) 20時17分

24番さん こんにちは 暫くですね、3番の私です。
先週はご苦労さまでした。いろいろと経験できてよかったですね。

時々思い出しては拝見しておりました。とても貴重なアドバイスです。参考にしていますよ。
ありがとうございます。
ところで来週でしたね・○荘は。過去200名の研修員を受け入れた施設だ けあって研修生慣れしていますので大丈夫ですよ。
私も2日間、検温、おむつ交換、ベッドメーク、配膳下膳、お茶だし、ホール清掃、 食事介助、入浴 介助、脱着介助、お話とフルに働きました。
皆さんの手際の良さに・・・驚きです。私にはできないなーと感じながら何とかやってきました。
まぁ全て自分の判断でやらない ことだと思います。わからないときは教えてくれますから・・・・・聞く方がいいと思います。がんばってくださいね。
来週はデイサービスに行ってきます。

私も会社の退職まであとわずかになりました。引き継ぎ等で大忙しですが、昨日は某信用組合本部にご挨拶に行き、とても素敵な鉢植えのお花をいただき、思わずホロリ・・・頑張って仕事をしてきて本当に良かったと思っています。
介護研修も同様にいろいろと吸収して今後の生活に役立てていきたいと思います。
いっしょにガンバっていきましょうね。

投稿: takamama | 2007年6月16日 (土) 11時09分

takamama さん 貴重なコメントありがとうございます。
特養の実習は体力的にも大変だと思いますが、無事に終了されて何よりかと思います。
介護士の方々が手を休める事も無く介護されている姿には本当に頭が下がる思いです。

特養には家族として週1~2回行ってます。
嚥下マッサージ・食事介助・ 浮腫、拘縮のマッサージ・口腔ケア・移乗など家族の立場でやっています。
介護職の業務としてではありませんので、皆さんと変わらなく実務を経験した訳ではありません。
唯一、雰囲気だけは分かるかも知れません。
実習は立場が違いますのでいろんな意味で勉強になるのではないかと思っています。
おむつ交換・入浴介助は家族として介入できないので知識不足なところがあります。

ホームヘルプサービスも以前、間接的にお世話になっています。
清掃をしてもらっていましたが、諸事情で止めました。
他人の家に入ると言う認識がマンネリ化する事は避けたいですね。
事業所ではその意味で、担当を定期的に変える事があるようです。

数日後のディサービスは気軽に楽しめそうですが、洞察力の優れた利用者様もお出でですので注意しましょう。
私の場合「こんな所に来てて大丈夫?」と心配していただきました・・・(確かにそうだよね~)。
話題としては家庭菜園の野菜や山菜の話がうけたようです。

長文になってしまいました。
これからの実習が有意義なものでありますように(拝)
またご訪問ください。

投稿: 24番 | 2007年6月16日 (土) 20時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 実習 在宅サービス提供現場見学レポート | トップページ | 介護保険で適用されないサービス »